月別アーカイブ: 2013年10月

イギリスの戦略

英国の警察は、マドレーン・マッカンの場合を解決するために何千もの携帯電話から集められたデータを含んでいる39,148部のドキュメントを熟慮し始めました。
2007年、彼女の4才の誕生日の前のちょうど日および彼女のケースのポルトガルへの家族で過ごす休日にいる間、英国の少女は姿を消しました、英国で全国妄想になりました。
探偵警視総監アンディー・アメリカスギ(この人は質問を率いている)は、警察が通り抜けていた木曜日に状況報告中の報道を伝えました「相当な量のデータ」携帯電話から得られた、人々が所有していること、プライアdeルツ・リゾートにとどまること、マッカン一家が休暇をとっていたところで、彼女の失踪の時間のまわりで。
「それが、私たちが何がその時にマドレーン・マッカンの身にふりかかったか分かるのを支援するかどうか確かめることはそのデータに対する目標とされた攻撃です」とアメリカスギが言いました。
英国の警察からのこの発覚は、その事件、コード名をつけられたオペレーション農園の2年の調査に続いて、それらが7月にセット・アップする新しい調査の一部です。
ポルトガルの政府関係者に協力して、この調査は、よちよち歩きの幼児が英国人のための最もポピュラーな休暇目的地のうちの1つである地域の家族で過ごす休日にどのように消えたかに関して最後に答えを示す、更新された押しです。
41人の興味のある「人」が調査で現在いる、と警察は言いました。
しかしながら、それらが調査にそれ以上ないに興味のあるだろうということを示す審判によれば、モニターされている15人の英国人のうちの3人はクリアーされるでしょう。
携帯電話データの検討によって、当局は、彼らが外に正確に写像するのを望むと言いました、この人はマッカンの失踪の時のエリアで、および狭いだった、興味のある人のリスト、相当に。
海岸の村(それはポルトガルのアルガルベ地域で位置している)は多数の観光客を加えて約3,000人の居住者が住んでいます。
警察は、このデータ・マイニングが洗練されたアプローチであると言いました。
「これはそうではありません、1つの、正当、一般的なトロール網。」アメリカスギは言いました..
「多くの電話」を特定の人々(特に源泉課税方式方式で買われたもの)にリンクすることができないかもしれないことを認めている間、アメリカスギはオペレーションに関して楽観的なままでした。
電話レコードが調査の鍵を握ったかどうかに関してリポーターによって押された時、彼は「それは行うかもしれません」と返答しました。
ポルトガルの警察は予備捜査の間に電話レコードを見ましたが、英国の警察は彼らが詳細に検査されなかったと言いました。
科学捜査協会のカレン・スクイブ-ウィリアムズは、値がこれらの古い電話レコードに返る際にあると言いました。
「技術と法廷の方法論はこの数年にわたって著しく進んでおり、それが、その時に利用可能でなかった技術が今利用可能であるということかもしれないが、挑戦は相当です」と彼女がABCニュースに伝えました。
当局は個々のテキスト・メッセージにアクセスすることができないでしょう。しかし、スクイブ-ウィリアムズは、呼び出しが行われた位置を正確に示すことによって、警察が「キー回の適切なエリアにいた人々の身元を明らかにすることができるかもしれない」と述べました。
ティム・スティーヴンズ博士(キングズ・カレッジ・ロンドンの安全対策の専門家)はそれほど楽観的ではありません。
技術が改善しており、彼が、警察がどんな情報を持っているか分かることができない、と認めましたが、彼は最新のイニシアチブが「少しの絶望をちゅうっと鳴らした」とABCニュースに伝えました。
警察のモバイルのデータ・マイニングのタイミングに関してコメントして、スティーヴンズは言いました、「特定の調査の理由あるいはそれのいずれかがあります、かちかち音を立てられていない箱である。」
これまでのところ、警察は、電話交通から得られた39,148部のドキュメントのうちの21,614部を彼らが通り抜けたと言いました。
ドキュメントの残りが処理されるとともに、メジャーな訴えは10月14日に英国のテレビで始められるでしょう。

「生きることの意味」に触れた大学時代の恋愛

当時、18歳の大学生だった私は、同じ大学の2つ上の先輩Mくんと順調な交際を重ねていました。皆の前ではひょうきんだけど、実は真面目で優しく、柔道の強いMくんに憧れて私から交際を申し込みました。とりたてて特別な思い出は何もないけれど、ゆったりとした幸せな時間が2人の間に流れていたのを覚えています。高校のときは、部活に夢中で甘い思い出は何もなかったので、必ず大学で恋人作りをしようと思っていたのでとても、良かったです。
彼と付き合って半年ほどが経ったある日、私はいつも通り講義に出席するために大学へと向かいました。Mくんとは前日の夜から連絡をとっていませんでしたが、私自身、毎日メールをするようなタイプでもないので、大学で会えるだろうくらいに思っていました。そして、出席した2限の講義。Mくんと同い年の先輩から、彼がオートバイで事故にあったことを聞きました。一瞬、何も考えられなくなりました。先輩の話では、命に別状はない、「生きてはいる」と。
彼がその事故で脊椎を大きく損傷し、胸部から下が一切麻痺してしまったと分かったのは、それから1週間後でした。私には、一体皆が何を言っているのか分かりませんでした。「胸から下が麻痺ということは、つまり歩けないということであり、それはすなわち一生車椅子で生活するということで・・・」出口のない思考が私の中で渦を巻いていました。そして、一度病院にお見舞いに行った後、私はMくんから逃げました。無知で愚かだったけれども、携帯のメールアドレスも変え、Mくんの番号は着信拒否にしました。彼が退院して、大学に車椅子で復帰してからも、私は自分の中にわいた恐怖を払拭できずに逃げました。
彼の退院から10日ほどたった日、私が一人暮らしのアパートに戻ると、玄関のドアノブに小さな花束がかけてありました。私の部屋は2階です。学生用の安アパートにエレベーターなどありません。それでも、花束に添えられたカードの上の「ごめんね」の文字はMくんのものだと分かりました。自分が一番辛くて悲しくて悔しいだろうに、私を思って「ごめんね」と綴った彼を想って泣きました。彼は、辛くても悲しくても悔しくても、これから生きていかなくてはならない。生きることがそんなに残酷なことになりえるなんて、想像もしませんでした。けれども、そんな涙でさえも私の傲慢であるように思えてすぐにやめました。
今も大学時代の友人を通してMくんのうわさは私の元に届きます。不慮の事故で一時はあきらめなければならなかった弁護士になるという夢を、37歳になった今、再び追っているそうです。